脳覚醒による脳内麻薬、ドラッグによる安易で強制的な脳内麻薬分泌との大きな違い

2018.06.10 Sunday

0

     

    脳内麻薬は自分の脳内から分泌されるもので、脳内麻薬を瞑想や座禅やヨーガなどで自分で出せるようになったら、とてもいいことが起こります

     

    副作用もなく、依存性もありません

     

    脳内麻薬はとても気持ちいい状態になりますし、快感や恍惚感もすごいものですが、意外なことに依存性や中毒性はありません

     

    なぜならば、瞑想や座禅をやってきた人ならわかると思いますが、脳内麻薬を出そうと努力すると、脳内麻薬が出てくれないからです

     

    つまり求めたい時に、脳内麻薬が出てくれないから依存しないし、脳って本当によくできていると思います

     

     

     

    じゃあ、気持ちよくなりたい、快感を得たい、トリップしたい、辛い現実を忘れたい、不安から目を背けたい人は、安易な方法に頼ります

     

    アルコールがいちばん身近でしょう

     

    ホッとしてとりあえずつらい現実から目を背けることが可能です

     

    そして、向精神薬もそうです

     

    今は簡単に処方されますし、うつ病だと装えば簡単に、ハイになる覚醒剤的な成分の入った抗うつ薬を服用できます

     

    そして違法ドラッグ、脱法ドラッグ、そして違法な麻薬にまで手を出したら、社会的にも終ったも同然です

     

     

     

    麻薬はやばいです、そして使い方を間違えたら向精神薬、抗うつ薬も依存性が高く、副作用もあるため、社会からドロップ・アウトしてしまいます

     

    よくアメリカのドラマを見ると、日本よりはるかに身近に抗うつ薬を服用しています

     

    それも十代の若者が、嫌なことを忘れたり、ただ単にハイになりたいがためにガンガン服用しているのです

     

     

     

    しかし、薬や麻薬の怖さは、依存と脳の破壊にあります

     

    向精神薬やドラッグ、麻薬をのむことで、一時的には脳内の神経伝達物質が強制的に出てくれて、一時しのぎにはなるでしょう

     

    しかし、最初と同じ感覚を得るためには、もっと量を増やさなくてはならなくなります

     

    最初の服用が頂点で、あとはどんどん効果が下がっていきます

     

    飲めば飲むほど依存しながら、それも量がガンガン増えていく危険性があります

     

    しかも服用初期の段階で味をしめているから、それなしの生活には非常に不安を感じます

     

    よく麻薬中毒者が、神経がピリピリしているのも、ドラッグなしの状態に耐えられないからです

     

     

    この依存性と副作用の危険性は、医師が処方したから大丈夫というものでもなく、安易に服用すればするほど、合法的な薬でさえも脱法ドラッグ並みのやばさがあるのです

     

    薬を飲んで期間だけ、脳は破壊されていいます

     

    無理やり薬で脳内麻薬(神経伝達物質)を出させるということは、別の神経伝達物質の正常は分泌を妨げてしまいます

     

    抗生物質は体内の菌を殺して風邪を治してくれるすぐれものですが、別の体に必要な菌まで殺してしまうのと似ています

     

    強制的に必ず効果が出るということは、それと同等のマイナスもあることを知らないといけないので、現実逃避にドラッグに頼ることは人生を破滅させてしまうことにつながるのです

     

    安易に精神世界の体感をドラッグ、脱法ハーブなどに頼って深めようとしないでください

     

    快感だけ増させ、ハイにする代わりに、もっと大事なものまで破壊してしまうはず

     

    ましてそれに依存したら人生そのものも破壊されます

     

     

    私が脳覚醒状態に入り、脳内麻薬(神経伝達物質)に脳内が包まれる至高の状態を味わっても、その次に入っても効果が下がることはありません

     

    それどころかその深さや効果がどんどん更新していくし、副作用もありません

     

    依存性もなく、禁断症状もありません(笑)

     

    岩波先生誘導とはいえ、自分の脳内から分泌されるもので、岩波先生の技術がなくちゃ生きてはいけない状態になることはありません(笑)

     

    必要なときに、自分でも脳内麻薬を出すことができるし、そもそも快楽のために脳内麻薬を出そうとすると、先程書いたように脳内から麻薬が出てくれません

     

    いずれにしましても、呼吸法をマスターし、脳内麻薬が出るためのコツを掴むことができたら、ドラッグや向精神薬やアルコールなどに頼る必要はなくなります

     

    うまい話には必ず裏があります

     

    脳内麻薬分泌にも楽な道はありません

     

    そして美味しい話ほど副作用がまっています

     

    薬物依存症、薬物中毒、麻薬中毒治療を成功に導ける方法 脳内麻薬治療法

    2017.01.10 Tuesday

    0

      薬物依存症治療と麻薬中毒治療と岩波英知先生の脳内麻薬治療

      芸能人と麻薬、覚醒剤、危険ドラッグ

      芸能人などセレブがよく禁止薬物、麻薬を使って逮捕されたり、芸能界を引退に追い込まれていますよね

       

      最初は軽い気持ちだったかもしれません

       

      激務やプレッシャー、そしてストレスから逃れるために、フラフラっと麻薬や禁止薬物や危険薬物に手を出してしまう

       

      芸能人に近づいてくる人間は、怪しげな人間やヤクザや半グレが多く、薬物にとても近いところで生きなければならないのが芸能人のつらいところでもあります

       

      そこで自分を制御でいる人ならともかく軽い気持ちで始めてしまうと、いつの間にか

      • 薬物依存症
      • 麻薬中毒
      • 薬物中毒
      • 覚醒剤中毒

      になっていきます

       

      麻薬中毒と薬物依存症になったら強い意志ではやめられない

      そうなるともはや本人の強い意志で薬物依存症や麻薬中毒から逃れることはできず、ずるずると逮捕されるまでやってしまいます

       

      逮捕されても自宅に戻ったらまた薬物に手を出してしまいます

       

      脳内麻薬はとても人生を豊かに幸せにしてくれますが、危険薬物や覚醒剤は人生を一瞬のハイと安楽と引き換えにボロボロにさせてしまいます

       

      覚醒剤、ヘロインをやったらもうおしまいです

       

      自力の脳内麻薬を出す治療により薬物依存症を抑え込める!

      ただし、筆者は薬物依存症、麻薬中毒で苦しむ人も、脳内麻薬を出させる治療を行うことで、依存症や中毒を治すことができると思うのです

       

      孤独、不安、ストレスといったものがあるから、どうしても危険薬物や麻薬に頼ってしまう悪循環を断ち切るためにも、勝手に脳が薬物を欲する時に代替物を用意するためにも、絶対に脳内麻薬効果による治療は有効です

       

      脳内麻薬(自分の脳から出るエンドルフィンなどの神経伝達物質です)に脳が支配されると、多幸感に包まれます

       

      孤独も不安もなく、ストレスが解消され、感情的な抑圧も抜け出ていってくれる最高の精神状態です

       

      それを味わうことで、まずはマイナスの精神面の悪循環を止められます

       

      しかも、強烈な脳内麻薬効果によって、脳が麻薬や覚醒剤を追い求めるどうしようもない欲求を消化することができます

       

      そして、筆者が一番言いたいことが、薬物の禁断症状が出てしまった時に、いつでも脳内麻薬を出せるという安心感が、薬物依存症患者のセーフティネットになって、一人で孤独にいても、悪い誘惑をしてくる人間がそばに寄ってきても、自制できるのだと思うんです

       

      危険な麻薬には安全な脳内麻薬が治療効果を発揮できる!

      麻薬中毒には脳内麻薬をぶつけることで治療を成功できます!

       

      このことを筆者は確信しています

       

      それぐらい筆者が味わった脳内麻薬の多幸感、恍惚感と言ったらとんでもない快感です

       

      人生で一番幸福を味わい、孤独もストレスも全くない無の状態です

       

      しかも自分の脳で分泌されているのだから、廃人化もせず、心身ともに良いことづく目でした

       

      脳内麻薬の分泌は呼吸法で作り込むことができるため、一人で薬物中毒の人が薬に手を出そうとしなくてすみます

       

      自分の脳みそがあるのだから!

       

      いつでも求める脳の期待に応えられる「ブツ」が自分の中に眠っている!

       

      最高の脳内麻薬を分泌させられるのは世界で岩波先生だけでしょう

      薬物依存症の治療は脳内麻薬を出させることで解決できるのは岩波先生の存在もあります

       

      もちろん呼吸法で脳内麻薬を出せますが、呼吸法だけでは現実に難しいです

       

      ですから、岩波先生の脳覚醒誘導技術で最初に脳内麻薬を分泌させて、いつでも出せる状態にスタンバイした方がいいと思います

       

      岩波先生は世界最高と断言していい脳内麻薬を出せます

       

      しかし依存性はなく副作用もないし、孤独や不安を消し飛ばせてくれます

       

      どうすれば脳内麻薬を出させることができるのか岩波先生はよく知っています

       

      その人の脳にとっては自力で脳内麻薬が出ていることになるので、先生の技術を使えば、薬物依存症の人も麻薬中毒者も、その代替となります

       

      そしていずれは薬物や覚醒剤を求める脳がなくなっていき、依存性から脱すことができるという流れです

       

      薬物依存症を脳内麻薬分泌で治った例

      以前に岩波先生と麻薬について話をしたことがありました

       

      岩波先生のプログラムには海外から通ってくる人がいますが、そこで麻薬をやった経験がある人が来たそうです

       

      薬物依存症になりかけていた脳になっていたそうです

       

      その人が脳覚醒状態が深まったとき、麻薬を追い求める脳が全くなくなったと言っていました

       

      薬物という危険で体も脳も蝕んでしまう不自然なものと違って、自分の脳が作り出す麻薬で、しかも麻薬以上の快感と心地よさを味わえるのだから、そりゃあ、薬物依存もおさまっていくでしょうね

       

      筆者も深い感覚を味わっているので、そうなることは容易に想像がつきます

       

      脳内麻薬を出せる脳覚醒技術が薬物依存症の人生を救うかも

      ですから、薬物依存症の人や家族に中毒者がいて困っているならば、芸能人だろうが誰だろうが、岩波先生の脳覚醒技術を受けてみたらいいと思います。

       

      自分の意志では難しかった薬物を求める脳をピタッと止めることができると思います

       

      それぐらい岩波先生の脳覚醒技術はとんでもない可能性を秘めています

       

      (ただし岩波先生に迷惑がかかるといけないので、完全にラリっていてあっちの世界に行ってしまった反社会的な行動を平気でする人は、絶対に先生に会わないでください! このことは強く言っておきます。岩波先生の技術を必要としている人は世界中にたくさんいますから)

       

      覚せい剤の渇きを抑えられるのは脳内麻薬しかない!

      脳は一度覚えた強烈な感覚を覚えています

       

      それが覚せい剤だったら、その感覚を追い求めて何度逮捕されても繰り返してしまうわけです

       

      だから、強烈な脳の感覚を上書きする必要があります

       

      上書きできて、しかも副作用もなく、自力で出せる神経伝達物質(脳内麻薬)の治療によって、どうしようもない中毒を繰り返さないで済む、これは岩波先生しか難しいと思います


       

      岩波先生の脳内麻薬についての言葉・講演集はこちら

      『脳の神秘と可能性』
       

      岩波先生のドリームアート研究所(脳覚醒技術を使ったプログラム群)

      1